headband

子供のいる家庭には潤い

HOME >> 子供のいる家庭には潤いを|少子化対策|卵子の質を上げるコツ

子供のいる家庭には潤いを!

深刻化する少子化。

理由は、完全に金銭面だと思っています。

子供1人育てるのに2000万円必要とも言われておりますが、消費税もあがり、世間はどんどん節約生活になっているのではないでしょうか。

共働きで働いても、配偶者控除の事を考えると働く時間が短くなってしまっている方も多いはず。

子供が小さいうちだと、幼稚園だと料金は安いけれど時間が短いし…保育園に預けて、働きに出るなら高いお金を払わなければならないので控除内で働くと気分転換に働きに行ってる位で、ほとんど手元に余らないなんて事も。

働きたいのに、働いても税金の面で収入は変わらない。

若しくは、損!こんな状況では、誰も好んで働かないでしょう。

当たり前の事ですが…子供がいる家庭は、いない家庭よりもお金が必要ですから…お金がかかるからという理由で一人っ子が増えたり、夫婦だけで人生を過ごすという選択をされている方も少なくはないと思います。

子は鎹。

されど、お金の面で苦労するのが目に見えていたら、自ら足を踏み入れないのも仕方がないでしょう。

では、どうするのか。

新しい生命が無ければ、未来はありません。

新しい生命を生み出す為には、もっと子供を産んだ家庭に対してメリットを設けるべきです。

1人産んだら、お祝い金を出したり、児童手当を今よりも増やす等。

子供を産みたい!そして安心して育てられる環境にしなければなりません。

働いて子供のいる家庭には、配偶者控除の額を改正する等。

税金はもっと削れる所があるはずです。

不正受給の取り締まりを強化し、金銭面で気にせず子育てを出来る環境にすれば状況は絶対に変わるはずです。

少子高齢化という問題をもっと重く受け止めるべきです。

このままだと、将来が不安です。


当サイトの人気記事

 1番人気! 卵子の質を上げるにはどうしたらいいのかについて詳しく調べてみました

pagetop

卵子の質の上げ方

卵子の若返り、腐る?

不妊症、体外受精について

その他、赤ちゃんについて

マタニティハラスメント(マタハラ)について

芸能人の不妊治療、卵子の老化?

Copyright(C) 2012 卵子の質を上げるにはどうしたらいい?【自分できること】 All Rights Reserved. (不妊治療をした人も)芸能人やタレントの妊娠出産予定。ノット・アガールのゾーイサルダナ、ドラマSAKURA、事件を聞く女に出てる仲間由紀恵。ちなみに、なにかと見かけることが多いTBSアナウンサー長岡杏子アナや歌手、アーティストhitomi、女優の加藤貴子も有名かもしれません。元気でかわいらしい赤ちゃんが産まれるといいですね。